iPhone設定・使い方・Tips 無審査即発行のバーチャルVISAカード “V-PreCa”(Vプリカ)はiTunes決済でも使えるのか?試してみました。

無審査即発行のバーチャルVISAカード “V-PreCa”(Vプリカ)はiTunes決済でも使えるのか?試してみました。

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



iPhoneを持つと痛感するクレジットカードの必要性。クレジットカード『なし』でiTunesのアカウントを取得する方法。という記事は常にアクセス上位で、何らかの事情で持っていない方や、持っているけど使えないという方も多数います。

家族でiTunesアカウントを分けたいけどクレジットカードが足りないという人や、いちいちiTunesカードを買うのが面倒な人にもおすすめなのが、ライフカードが発行している「V-PerCa ブイプリカ」というサービスです。 今回iTunesでVプリカが利用できるのか? 結論から言うと問題なく使用できました。 Vプリカの使い方を解説します。

Vプリカの特徴

まずVプリカは「インターネット上」でクレジットカードと同じように使える、VISAプリベイトだそうです。 なので、インターネット(iTunes決済やPaypal、Amazonなどのネットショッピングなど)での決済にクレジットカードと同じように使用できるプリベイトカードという感じですね。 特徴的なのが、クレジットカードと同様に使えるうえに

  • 本人確認、審査なしで発行
  • 24時間インターネット申込可能。
  • コンビニやクレジットカード決済すれば即利用可能

という点です。 クレジットカード決済できるなら必要ないんでは、と思いましたが「海外サイトでの利用」など、自分のクレジットカードを使うのが不安なときなどにVプリカを使えば、安全性の面でも安心できますね。親のクレジットカードでVプリカを発行し、子供のアカウントを作るときにも良さそうです。

Vプリカを購入するには

まず、PCで「V-PerCa ブイプリカ」にアクセスします。iPhoneからは利用できないようです。

まず、左上の「アカウント開設(無料)」からVプリカアカウントを登録します。

必要事項を記入し、登録を進めます。

登録を済ませて、ログインするとこの画面になるので、「買う」から「Vプリカ購入」を選択します。

カード購入画面です。3000円から29,000円まで選べます。ここで選ぶ金額は最初にVプリカに入っている金額です。なくなったらチャージもできるので、今回は5000円を購入してみました。

カードデザインも選べます。手元に届く訳ではないので何でもいいと思いますが、複数発行する人は色分けしておくのもいいかも知れません。 カードの名前も区別用に分かる名前にしておくといいです。 最後に支払い方法です。ライフカードを持っている人は、手数料なしで即時発行されます。 それ以外で購入する場合、以下の購入手数料がかかります。 2012年1月9日まで無料キャンペーン中です。

今回はコンビニ支払いで購入しました。こんな感じで、WEB上にカードが発行されます。マスキングで隠れている部分は、マウスカーソルを乗せると表示されます。 これで、カード番号が発行されたので早速iTunesのカード情報を変更してみます。

iTunesのアカウント情報から、カード情報をVプリカに変更しました。

アプリをいろいろ購入してみました。購入から一週間ほどして購入額が引き落とされています。無事、使えるようですね。ただし、購入→即引き落とし ではないようなので残高には注意が必要です。 良い事づくめのVプリカ。落とし穴はないのか、その後調べてみました。以下の点で手数料や有効期限があるので、使う方は気をつけてください。

Vプリカの注意点

  • 有効期限は1年で延長不可(残高の払い戻しも不可)
  • 手数料が必要  (1)Vプリカ購入時に購入手数料がかかる  (2)3ヶ月以上未利用の場合、翌月25日から月額125円がかかる  (3)海外サイトなどで外貨建て利用分に対して2.94%の海外取引手数料がかかる

良い点、悪い点ありますが、使い方によっては有効なVプリカ。クレカがなくて困ってる方はぜひ選択肢に入れてみてください。私は海外サイトでの購入の時にはこれを使ってみようかと思いました。 リンク:Visaバーチャルプリペイドカード-Vプリカ

あわせてよみたい


あなたにおすすめ