iPhone設定・使い方・Tips Google+を万能のライフログツールにする「ひとりG+」のすすめ

Google+を万能のライフログツールにする「ひとりG+」のすすめ

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



Google+、やってますか?FacebookとTwitterがメインの自分としてはアカウント取得こそしたものの、なかなか区別がつけづらく、ただストリームを眺めるしかできていませんでした。しかしながら、実質容量無制限の写真アルバムやチェックイン機能、サムネール付きのリンクポスト、最近はYoutubeとの共有機能などなど、ほっておくには惜しすぎる充実機能の数々。

ということを思いつき、あれこれ試してみたらなかなか良い感じです!Google+の最大の特徴「サークル機能」を使えば、自分だけの聖域を作れるんですね。これを使ってライフログする方法をお伝えします。もちろん、すでにGoogle+を使ってる方にもおすすめです!

一人用サークルを作る

アプリを起動したら、グーグルアカウントでログインします。まだ持ってない方は、アプリから新規登録しましょう。メインメニューが表示されたら、「Circles」を選択します。

最初は「People」が表示されるので、上部から「Circles」を押します。右上に「+◯」マークが出るのでそこからサークルを新規登録します。サークル名を付けたら、右上の「Create」を押します。

一人用サークルができました。もちろん、一人用なのでサークルに「People」は追加しません。

一人用サークルにポストする

メインメニューに戻り、「Stream」を選択します。その後右上に鉛筆マークが出るので押します。すると投稿画面に移動します。ここでは「テキスト」「位置情報」「写真」を投稿できます。投稿するサークルを選べるのでここで一人用サークルを選択するのをお忘れなく。

投稿画面のサークル名を押すと、公開先のサークル名リストが出ます。緑の✔マークがついているサークルにたいして公開されるので、一人用サークル以外の✔を外します。特に注意なのが一番上の「Public」これに✔してしまうと、インターネット全体に公開されるので注意です。終わったら右上の「Done」を押します。投稿画面に戻り、右上の「Post」を押せば投稿完了です。

Google+のアルバム機能を使う

メインメニューから「Photos」を押せばアルバム機能へ移動します。ここで気になるのが「Google+の写真データ量上限」です。ライフログとして使う以上、制限があると致命的ですね。

調べてみました。 Google:PicasaとPicasaウェブアルバムの無料の保存容量の制限 これによると、そもそもGoogle+で使用するアルバム(Picasa)の無料枠は「1GB」なのですが、「2048 x 2048 ピクセル以内の写真と15分以内の動画は、無料制限枠にカウントされない」そうです。

さらに「Google+で投稿した写真はすべて自動的に2048ピクセルにサイズ変更されるので、無料制限枠にカウントされない」とあります。 要するに、Google+にアップロードする写真は無制限ということですね。これで心置きなく日々のライフログ写真をアップロードできます。動画が15分を超えないように注意してください。

Google+のチェックイン機能を使う

投稿時に場所を選択しておけば、どこに行ったかあとで分かるのでライフログには最適の機能です。自動的に、位置情報がテキストウィンドウの下に表示されるので、それを押せばお店の名前などで検索したり近くの施設をリストから選択できます。

パソコンでもGoogle+

パソコンから https://plus.google.com/ へアクセスすれば、こんな感じです。もちろんパソコンからも投稿できます。

「限定公開」の文字をクリックすれば、公開設定を編集できます。「リンクを知っている全員」を消せば、完全に自分だけしか見れない設定になります。(リンクを教えなければいいだけですが)

リンクを投稿してブックマークがわりに

テキストエリアにURLをペーストすると、サムネール付きの分かりやすいリンク投稿ができます。これも気になったニュースなどを一人用サークルに投稿しておけば、立派なライフログになりますね。

Youtube動画も簡単にポスト

パソコン版で見ると、右側にYoutubeのタブがあるので、そこから簡単に動画をポストできます。これはFacebookよりもかなり優れている機能ですね。ポストしておけば、iPhoneからもすぐに見られるので便利です。

長い動画などは、一旦Youtubeに投稿したあとGoogle+にポストすると容量制限にもかからないのでおすすめです。

いかがでしたか?ライフログと言えばもちろんEvernoteがメインだと思いますが、エバーノートの弱い部分(スポット連携や写真アルバムによる一覧性など)がGoogle+で補えると思います。エバーノートとの連携は後日また書きたいと思います。iPhoneからスポット情報などをつけたアクティビティログには最適ですね。 今後ますます機能が追加されていくGoogle+をライフログや日記がわりとして使い始めるのもいいですね。もちろん、現在ソーシャルメディアとして交流をしながら使われてる大多数の人にも、一人用サークルはおすすめです。

【追記11/19】
驚くほどの反響ありがとうございます。 この方法は現状では、過去ログへのアクセスがしにくい点がありますが、この点は次回にRSSフィード経由でのエバーノート連携やバックアップなどを書こうと思っています。 現時点では1人サークルを、仕事や写真、メモや日記など複数に分けておくのもオススメです。

【追記11/19】
関連記事追加しました。 ひとりG+ライフログ|Google+とEvernoteを連携させる方法その1ー投稿単位でエバーノートに同時ポストする

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ