iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

PC Safariでのリーディングリストが超絶便利!iCloud経由でiPhoneやiPadとの「あとで読む」を同期する方法

iPad設定・使い方・Tips2011/11/15

お持ちのPCは何のブラウザをお使いですか?私はいつもChromeを使っているのですが、これを機にSafariに切り替えようかと思います!なぜならSafari(バージョン5.1以降から)がiOS 5の新機能【リーディングリスト】に対応してるんです♪ワンクリックでリーディングリストへ追加可能!後でじっくり読みたい時や、ブックマーク的な要素も含まれていてかなり便利!iCloudとの連動でiPhone・iPadなどのデバイスとの共有も簡単です。 外出前にPCで追加したページを移動中にiPadで読む。なんて事がとても簡単にできますよー!利用してみてはいかがでしょうか(●'ᴗ'●)

 

まずお使いのSafariのバージョンを確認して下さい。このリーディングリストはSafari 5.1からの新機能です。

リーディングリストに追加したい記事リンク上で右クリックし「リンクをリーディングリストに追加」で瞬時に保存されます。

保存したページはメニューバーのメガネアイコンからすぐにアクセスできる!「ページを追加」からも追加可能です。未読は太字で表示され、一度開くと「すべて」で保管されます。 後で読みたい記事ってEvernoteへ乱雑にクリップしたり、ブックマークしたまま忘れてたり。なんて事ありますよね。笑 このリーディングリストで一括管理するとすぐにアクセス&チェックできるのでとても効率的です。
PC・iPhone・iPad 全ての環境を統一する方法

これらのリーディングリストはそれぞれのデバイスのみで管理する事も可能ですが、iCloudを利用して共有する事もできます。デバイスを選ばず使えるのも1つの魅力ですね! そして気になる共有方法は、Macでは「システム環境設定」の「iCloud」から、Windowsでは「iCloudコントロールパネル 1.0 for Windows」から『ブックマーク』の部分をチェック!

ブックマークを統合するかとポップアップが表示されるので「統合」クリックで設定完了です。

たったこれだけでお手持ちのiPhoneやiPad等のデバイスと共有できます。それぞれのデバイスからSafariを開き、リーディングリストを確認してみて下さいね☆ すぐに同期され同じ状態になります。本当に便利ですので試してみて下さい。 【関連記事】 *【iOS 5】Safariを劇的にパワーアップする「リーダー」と「リーディングリスト」の使い方!ホーム画面アイコン設定方法も【iOS5】結構使える!iPhoneで分からない単語を、すぐにその場で辞書で調べる方法「iOS 5って何!?何が変わったの!?」という方は、軽くおさらいしてみましょう。TwitterでiPhone女史をFacebookページでiPhone女史を見る
注目の記事
ページトップへ戻る