iPad設定・使い方・Tips [Evernote活用入門] Instagramの写真をEvernoteへ自動で取り込んでお手軽ライフログする方法!

[Evernote活用入門] Instagramの写真をEvernoteへ自動で取り込んでお手軽ライフログする方法!

iPad設定・使い方・Tips

techjo編集部



Instagram to evernote

今回のEvernoteを使ったお手軽ライフログは、インスタグラムの写真を自動でエバーノートに取り込む方法をご紹介します。Instagramerには最適のストレスフリーライフログです。

Evernoteをまだ使ってない方は、前回の記事もチェックしてみてください。
[Evernote活用入門] 無料アカウント&無料アプリとiPhoneだけ!名刺やレシート管理から始めるお気軽エバーノートの使い方

今回のEvernoteライフログを実践する前に、かならずInstagram(無料)Evernote(無料)をダウンロードして会員登録を済ませておいてください。

参考記事▼
Instagram|写真を通じて世界の人と繋がろう!フィルター加工もできる無料カメラアプリ

Evernoteアドレスを確認する

Evernoteには、ユーザー個別に専用メールアドレスが付加されています。Instagramの写真を自動投稿するためのアドレスを確認します。

エバーノートアプリを起動すると、左上に「設定」があるのでそこから「Evernoteのメールアドレス」をタップ。専用メールアドレスが表示されるので、メモしましょう。

RSS.stagramでRSSフィードを取得する

RSS.stagramという、インスタグラムの写真をRSSフィードに変換してくれるサービスを利用します。

iPhoneのSafariを起動します。RSS.stagramに移動。下に移動していくとインスタグラムのアイコンに「Login to Instagram」というボタンがあるので押します。

Instagramのユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」を押します。このアプリと連携しますか?と英語で聞いてくるので、「Yes」をクリックします。

これであなたの専用RSSフィードURLが生成されました。このURLをコピー(長押し)します。これでRSS.stagramでの設定は終わりです。

Blogtrottrで配信設定をする

次にBlogtrottrという、RSSフィードを登録すると指定メールアドレスに自動配信してくれるサービスを利用します。

iPhoneのSafariでBlogtrottr にアクセス。左側のURLに先ほどコピーしたRSSフィードURLをペーストします。ここで注意が必要です。入力欄にはすでに「http://」が入っているので削除してからペーストします。その次に、先ほどメモした「Evernoteメールアドレス」を入力します。

メールアドレス入力欄の右に「Realtime」とありますが、これは配信頻度の設定です。Realtimeだと毎回インスタグラムにアップするたびに配信されます。以降は時間毎にまとめて配信される頻度の設定です。好みに合わせて設定してください。分からない人はRealtimeのままで問題ないと思います。 全て入力が終わったらオレンジ色の「FEED ME」を押しましょう。次にEvernoteに移動します。

しばらくするとBlogtrottrから、Evernoteに確認メールが届くので文中のURLをクリックして登録を完了させます。これで設定は全て完了です。

Instagramに投稿した写真がEvernoteに届きます

このあとは、普段通りにインスタグラムに写真を投稿してください。自動的にエバーノートに写真が配信されます。この際注意が必要なのは、「プライベート設定した写真は配信されない」という点があります。万一、いくら待っても配信されない場合は、RSSフィードURLが間違ってるかも知れませんので、最初の手順からやり直してください。

ちゃんと届きました!インスタグラムに投稿→即エバーノートという頻度ではありません。しばらく時間がかかります。

配信を解除したい場合はblogtrottrから届く写真の一番下に解除リンクがありますので、それをクリックすればOKです。

今回の方法以外にもインスタグラム投稿時に、Evernoteアドレスを指定して同時ポストする方法もあります。今回は、意識せずに自動的にエバーノートにライフログがたまっていく方法としてご紹介しました。

写真はEvernoteの「Inbox」に届きます。「ライフログ」というノートブックを作って整理してもいいですね。「Instagram」というタグを付けてもいいかも知れません。いずれにしても、エバーノートは最初から整理しよう!とか思わずに気楽にいろいろと詰め込んでみて、あとでその気になったときに高度なことをやればいいと思います。

ぜひ、気軽なライフログを試してみてください。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ