iPhone設定・使い方・Tips フォトストリームの写真をMacのiPhotoアルバムに同期する方法

フォトストリームの写真をMacのiPhotoアルバムに同期する方法

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



iCloudの中で、最も便利な機能のひとつ「フォトストリーム」。実際どこが便利かと言うと、iPhoneで撮った写真をiCloudが自動的にフォトストリームに保管してくれて、持ってるその他の対応デバイスと共有できる点にある訳です。 ただしフォトストリームには忘れてはいけないことがあります。

フォトストリームが保存するのは、「最新の1000枚、アルバムは30日間だけ保存」という点です。

期限、枚数を過ぎたフォトストリーム内の写真はなくなってしまうので、今回はiPhotoでちゃんと保管できるようにする方法をご紹介します。 ※iPhone内のフォトストリーム以外の写真(カメラロールやアルバム)が消える訳ではありません。

まず、iCloudを使うためにはiPhotoのバージョンは9.2にする必要があります。OSはLionです。

LINK:iPhone初心者向けTips|iCloudの基礎知識 導入編
LINK:iPhoto and Aperture:フォトストリームを使う

アップデートしたら、iPhotoの環境設定からフォトストリームを選択し、チェックをオンにします。 自動読み込みは必ずオンにしましょう。自動アップロードは、iPhotoに追加した写真(デジカメで撮った写真など)をフォトストリームにアップロードするかの設定です。必要に合わせて設定してください。

これで、準備は完了です。フォトストリームという名前が左のサイドメニューに表示されます。自動読み込みをオンにしていれば、iPhone内の写真も自動でイベントに分割してくれるので便利です。

iPhone上のフォトストリームの写真を削除する前に、iPhotoに取り込んでおくと安心ですね。何よりiPhoneで撮った写真がMacを開けばいつでもそこにある感じは、慣れたら手放せない便利さです。

こちらも合わせてどうぞ



あわせてよみたい


あなたにおすすめ