アプリ 時間術の盲点|~脳科学的に解き明かすタイムマネジメント~★時間に追われるのでなく、時間をコントロールする方法とは…★

時間術の盲点|~脳科学的に解き明かすタイムマネジメント~★時間に追われるのでなく、時間をコントロールする方法とは…★

アプリ

techjo編集部



時間術の盲点
時間に追われるのでなく、時間をコントロールする方法を脳科学のカリスマ医師がご紹介♪ 時間術の盲点は、社会人として絶対に抑えておきたい時間を生み出すテクニックや効率的なスケジュール等を具体的かつ分かりやすくに紹介しています。期間限定85円で販売中。

「時間術の盲点」がiPhone、iPadでリリース!!

「もっと、自分の時間を増やしたい!」 「何故、できる人は時間に余裕があるのか?」 「成功を掴むための時間術とは?」 世界で子供から大人まで平等な事、それは『時間』 毎日24時間、1,440分、86,400秒を貴方はどう過ごしてますか? 開業医を行いながらも、今までに250冊を超える執筆活動を行ってきた カリスマ医師だからこそ書けた、脳科学の視点から見た時間の使い方とは・・・ 限りある時間を有効的に使い、スムーズな仕事を!

気になる、目次はこんな感じ!

第1章 脳科学的に正しい時間の使い方 1 同時に二つの処理をすると脳の力がアップする 2 仕事は八割で止めると意欲が翌日まで持続する 3 目標に向かって仕事をすることが最短距離と最短時間をつくリ出す 4 「何とかなるさ」の前向き思考が時間を生み出す 5 交渉事は「時間がない」の一言で相手の脳に負荷をかける 6 人間の脳は長期的な損得よリ今のメリットに魅力を感じる 7 やる気にならないときはしばらく休んだ後、仕事にかかる 8 長時間働き続けるのは非効率。一時間ごとに脳を休ませよう 9 脳の視床下部は思いがけない出来事を快感と感じる 10 スケジュールに迷ったら自分の直感を信じて動く 11 面白いと思う気持ち、好奇心が脳に記憶を刻む 12 飲みすぎは脳にもダメージを与える最悪の時間浪費法 第2章 あなたの時間はまだまだ増やせる →他6項目 第3章 時間が増えるこんなテクニック →他10項目 第4章 仕事で成功する人の時間術 →他12項目 第5章 時間効率のよい付き合い方 →他7項目 第6章 一見、ムダな時間も使い方しだい →他8項目 第7章 時間を制するスケジュール管理 →他7項目
■米山 公啓 [ヨネヤマ キミヒコ] 作家、医師(医学博士) 1952年山梨県生まれ。聖マリアンナ大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を経て、1998年より本格的な著作活動を開始。 現在も東京都あきる野市にある米山医院で診療を続けながら、250冊以上を上梓。 講演会、テレビ、ラジオなどでも活躍中。 主な著書、「脳が若返る30の方法」「もの忘れを90%防ぐ法」「親を長生きさせる31のこと」

i Tunes Store へ

あわせてよみたい


あなたにおすすめ