iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

星地図 3D|3Dで楽しめるポータブル星座図鑑で夜空をご案内します。

アプリ2011/07/06
今年は例年より早く梅雨が明け「七夕」のキレイな星空も拝見できそうですよね。でも、ただ星を眺めているだけではもったいない! 【星地図 3D】アプリなら、内蔵コンパスと共に、iPhoneをかざした方向の星座を表示し、星や星座、惑星、銀河、星雲の名前や位置を表示してくれます。もちろん、星座を指定して星の位置を見付ける事ができます。天文ファンにはたまらないですね。 夜空でなくともお部屋の中や車の中からと、いつでもどこでもiPhoneの画面を星空に変えてくれるので、何も考えたくないな〜とか、ロマンチックな夜を演出したい時は是非星地図 3Dを使ってみて下さい☆

iPhoneiPhone

最初は、現在の位置情報の提供とコンパス機能を利用するかの選択を行います。

コンパス機能を使うとiPhoneの向こう側に見える星や星座が表示されます。ちなみに、下向きは地面になるので何も表示されないみたいです。できるだけ目線より上がいいみたいです。

「モード」では、プラネタリウム/完全図/3Dモデル/3Dナビの4種類から選択し「夜空」ボタンをタプします。
プラネタリウム:今、見る事のできる天体を表示。 完全図:肉眼では見えない星や星座を表示。 3Dモデル:指定した惑星や星を中心に三次元の空間を表示。 3Dナビ:画面をタッチしたままにすることで3D空間での秒速数光年の速さでの移動が楽しめます。

「一覧」で星座/星/太陽系/深い空のオブジェクトから、選択して惑星を探す事ができます。

選択した惑星は矢印で方向を教えてくれます。

モードによってはピンチインやピンチアウトで拡大して惑星をみて楽しむ事もでき、惑星をタップすると画面下に星の名前や等級、距離などが示されます。

「設定」からはお好みで各表示、設定の変更が行えます。

座標表示で分かりやすくしたり、コンパス機能をオフにして画面をスライドさせて移動させる手動での閲覧を楽しんだりと設定から変更します。

何気に星の魅力に引き込まれてしまいそうですよ! 今年の七夕は星地図 3Dと共に星空をお楽しみ下さい☆

i Tunes Store へ

注目の記事
ページトップへ戻る