iPhone設定・使い方・Tips 携帯電話からiPhoneへ乗り換えて戸惑うメールアドレスの設定方法やSMS/MMSとの使い分け等をわかりやすく解説!  

携帯電話からiPhoneへ乗り換えて戸惑うメールアドレスの設定方法やSMS/MMSとの使い分け等をわかりやすく解説!  

iPhone設定・使い方・Tips

Chocolate



「最近 “iPhone” に乗り換えた」...けど、搭載機能や設定・操作性について疑問や戸惑いを感じている。という方は以外に多いのではないでしょうか。 iPhone=携帯電話として認識、iPhone=パソコンとして認識、と様々だと思いますが実際にiPhoneに対する認識はどちらも当てはまります。

iPhoneを携帯電話として利用するユーザにとって多くの疑問や戸惑いがあります。中でも一番戸惑うのが、メール機能について。 iPhoneには「SMS/MMS」と「メール」の2つのアプリケーションが標準搭載されていて、2つのアドレスが存在します。

今回はこの「SMS/MMS」と「メール」に関する設定方法や使い分けなどをFAQ形式で紹介していきたいと思います。

Q1:「SMS/MMS」アプリと「メール」アプリの違いは?

A:「SMS/MMS」は携帯メール、「メール」はEmail、のことです。

「SMS」=ショートメッセージサービス、Softbank携帯同士の電話番号で文字数制限のあるメッセージの送受信です。(DoCoMoならショートメール、auならCメールの感覚です) 「MMS」=マルチメディアメッセージングサービス、相手がSoftbank以外の携帯電話でも絵文字を使ったメッセージや写真などの送受信ができます。MMS対応端末にはテキスト以外にビデオクリップやボイスメモなどを送受信できます。(DoCoMoならiモードメール、auならEZメールの感覚です) 「メール」=iPhone専用のパソコンメールとGmailやYahoo!メールなどのプロバイダメール。

Q2:アドレスが2つ!?どうやって設定したらいいの?

A:購入時にはEメールアドレスのみ設定されていますが、MMSアドレスは各自設定が必要です。 iPhoneには「◯◯@ softbank.ne.jp」と「◯◯@ i.softbank.jp」という2つのアドレスが存在します。

[◯◯@ softbank.ne.jp]=MMSアドレスのこと。 [◯◯@ i.softbank.jp]=iPhone専用のEメールアドレスのこと。

iPhone専用のメールアドレスは携帯メール+パソコンメールのハイブリッドのような存在です。

iPhone購入後、「Safari」アプリのブックマーク内から「My Softbank」にアクセスし、「MMSメールアドレス」をタップしてアドレス設定をします。発信者名の設定やアドレス変更もできます。 「My Softbank」へのアクセス方法や「MMSアドレス設定」の手順については、下記の記事をご覧ください。 ►iPhone Tips|SMS/MMSの違いやアドレス設定方法など☆「SMS/MMS」の使い方まとめ

Q3:iPhone専用アドレス「◯◯@ i.softbank.jp」の変更の仕方は?

A:購入時に設定されているEメールアドレスは「My Softbank」から変更できます。

【変更の仕方】
①Safariアプリ>ブックマーク>「My Softbank」>ログイン

②メール設定(Eメール(i))>メールアドレス変更>アドレス入力>確認

Q4:iPhone専用「メール」はどこに受信されるの?

A:受信したメールは「メール」アプリで閲覧できますが、その前に「設定」アプリから「◯◯@ i.softbank.jp」のアドレスを登録する必要があります。 ①「設定」アプリ>メール/連絡先/カレンダー>アカウントを追加>その他

②メールアカウントを追加>アカウント入力

[新規アカウント入力項目] ①:名前(自由に入力OK) ②:アドレス(設定済の「◯◯@ i.softbank.jp」を入力) ③:パスワード入力 ④:説明(アカウント表示名、自由に入力OK。例:iPhone mailなど自分でわかりやすい方がいいです。)

※GmailやYahoo!メールなども同様のアカウント登録設定が必要です。手順は同じです。 アカウント追加したiPhone専用メールは、「メール」アプリを起動しメールボックスのアカウント部分にある「@」アイコンを開くと受信メールが閲覧できます。

Q5:「MMS」とiPhone専用「メール」の使い分けは?

A:相手や用途、電波状況によって使い分けが必要です。 家族や友達など親しい関係なら受信が早いMMS、仕事関係や頻繁ではない知り合いならフォルダ分けが可能なiPhone専用メール。といった使い分けがベスト。また、送受信データサイズや3G電波/Wi-Fi環境の状況によっても使い分けが必要です。 ソフトバンク同士での送受信ではSMSとMMSはデータ内容によって自動的に切り替えられ送受信しますが、MMSとメールは違います。

▼送受信データサイズ

  • MMSは最大300KB(写真だと2枚まで添付可能)
  • iPhone専用メールは1MB

MMSは3G回線でのデータ通信、メールは3G回線とWi-Fi経由でのデータ通信が可能です。

つまり、MMSは3G回線が圏外の場合、Wi-Fi環境であっても送受信はできません。逆にメールは3G回線が圏外でもWi-Fi環境であれば送受信できます。 MMSもメールもパケット通信になる為、パケット定額であれば問題ないのですが月額の場合、MMS(@ softbank.ne.jp)ではなくiPhone専用メール(@ i.softbank.jp)を利用する方が賢明です。 MMSは複数の人とチャットのように同時に会話ができますが、iPhone専用メールでは1対1になるので、グループチャットしたい場合はMMSを利用するといいです。

グループMMSの使い方解説は下記の記事をご覧ください。

►iPhone Tips|iPhone同士の「グループMMS」を使ったグループチャットが超楽しい!使い方解説
※iPhone専用メール(@ i.softbank.jp)だと、パソコンメール扱いなので携帯電話にメール送信すると相手側がドメイン指定している場合、迷惑メールだと認識される恐れがありましたが、現在はDoCoMo・auでも(@ i.softbank.jp)に対応している為、はじかれることなく送信が可能です。

Q6:MMSに届く迷惑メール(スパムメール)をブロックするには?

A:「My Softbank」から迷惑メールフィルタ設定でブロックします。 かんたん設定と個別設定があります。かんたん設定では、メールの利用スタイルに合わせて標準レベル・中レベル・強レベルの3段階で設定が可能。

  • 標準:推奨ブロック設定(一般的な利用に最も適している)
  • :ケータイ/PHS設定(ケータイ/PHSから来るメール以外は受信しない)
  • :きっずオススメ設定(お子様をしっかり守るあんしん設定)

設定の手順については下記の記事をご覧ください。

►iPhone Tips|iPhone MMSの超ウザい迷惑メールをブロックする方法

Q7:フォルダ分けできないの?

A:SMS/MMSは会話表示の為、フォルダの概念がありません。Eメールでは「My Softbank」からフォルダ作成・管理ができます。ただし、自動振り分け機能はありません。

【フォルダ作成】
①Safariアプリ>ブックマーク>「My Softbank」>ログイン(Q3‐①と同様) ②メール設定(Eメール(i))>フォルダ管理>新規フォルダ作成>フォルダ名入力

③「メール」アプリ>メールボックス>アカウント「@」アイコン (下記中央はフォルダ設定前の画像、右はフォルダ作成後の画像)

【フォルダへの振り分け】 「受信>」>一覧から選択>メール詳細画面の下部フォルダボタン>移動したいフォルダ選択

※フォルダ分けに関して、受信時に自動で振り分けられるわけではありません。1つ1つ閲覧後にフォルダ移動する必要があります。 解決法としては無料のメールソフト“Thunderbird”などを活用して自動振り分けする事は可能です。
※フォルダ名の変更や削除はMy Softbankからしか設定できません。

Q8:絵文字はどこに表示されてるの?

A:初期では絵文字表示はされていないので設定が必要です。

キーボード上に顔文字キーはありますが、絵文字は初期状態では表示されません。「設定」アプリから絵文字キーボードの表示を設定します。 【設定の手順】 「設定」アプリ> 一般 > キーボード > 各国のキーボード > 絵文字 > タップしてチェックを付けます。

Q9:デコメールは使える?

A:デコメール専用のアプリケーションで補います。 iPhoneには絵文字や顔文字は搭載されていますが、デコメール素材はありません。といっても、デコメール専用のアプリケーションが豊富にあり、無料でダウンロードできるので十分にデコメールを楽しめます。アプリによっても異なりますが、他社の携帯電話にも可愛いデコ素材を使ったメールを送る事ができます!

 

あわせてよみたい


あなたにおすすめ