アプリ Weddar|SNSでお天気情報をつくりあげよう!ユーザが今いる場所のお天気を投稿して共有するお天気アプリ。

Weddar|SNSでお天気情報をつくりあげよう!ユーザが今いる場所のお天気を投稿して共有するお天気アプリ。

アプリ

Chocolate



今いる場所の空模様を投稿しユーザ間で共有しあえるリアルタイムお天気アプリ【Weddar】をご紹介します! ユーザ目線で空模様や気温を判断し可愛いカラフルな雲アイコンで投稿、投稿した雲アイコンは地図上に表示され、時間が経つとアイコンが序々に薄ーくなってきます。気温は9段階、空模様は4タイプで強弱を3段階から投稿できます。 みんなで投稿しあって有益な情報源をつくりあげていきましょう!

iPhoneiPhone

ログインはFacebookまたはTwitterアカウントできる!

起動時、通知許可案内が表示されます。“許可しない” をタップしてもデフォルトの設定から通知設定の変更ができます。そのあとFacebookまたはTwitterアカウントでログインします。新たにアカウントを作成する必要がないので手間が省けますね。

「Check」「Report」「Profile」「Leaderboard」「Settings」の5つのメニューがあります。

現在のお天気をチェックする時は!

「Check」ページを開きます。初期は衛星写真の地図で表示されています。地図表示を変更したい場合は設定から変更が可能です。 “Settings” > “Slow network” > “ON”設定で通常マップが表示されます。

注) 位置情報をオンにしておく必要があります。 カラフルな雲アイコンが至る所に表示されています。表示されたアイコンをタップすると「Details >」とポップアップ表示があり“>”をさらにタップしてみると、投稿したユーザが閲覧できます。赤枠の「Add as a Reporter」をタップすると、そのユーザをお天気レポーターとして追加します。青枠の「Add to Locations」をタップすると、投稿された場所を追加します。

地図の下に表示された4つのボタン、左から・Locations ・Requests ・Statics ・Searchはお天気のチェック方法になります。

「Locations」・・・ロケーションベースでお天気を調べる ボタンをタップすると、自分の現在地+上記で追加した場所のリストが表示されます。そのリストから選択し調べます。

「Requests」・・・リクエストアイコンを表示 表示された地図上に、お天気情報をリクエストしているユーザがいる場合は、白アイコンとリスト表示でチェックできます。

「Statics」・・・統計リスト表示 表示された地図上に、投稿されたお天気情報をリストで閲覧できます。

今いる場所の空模様を投稿する時は!

「Report」ページを開きます。画面に表示されている9つの雲アイコンは気温を表しています。気温をユーザが感じたままの感情とアイコンで表現するといった方がいいですかね。ちょっと変わったアイコン名ですが。笑
・Freezing・Cold・Fresh・OK・Good・Great・Perfect・Hot・Hell

アイコンの下部には4つボタン。このボタンは空模様を表します。
・Cloudy=くもり ・Rainy=雨 ・Windy=風 ・Snowy=雪
各ボタン、タップ回数で3段階の強弱を変更でき、タップ4回目でクリアになります。

投稿はとても簡単です! 空模様をタップ、気温アイコンをタップするだけ。間違えたり、気温の変化を再投稿する際は同じ手順でアイコンをタップするだけで上書きされ地図上のアイコンが変更されます。

プロフィールページ

「Profile」を開くと、投稿数やレポーター数などが確認できます。ポイントというのは、1投稿で1ポイントが獲得できるようです。レポーター数の右側「>」をタップするとレポーターリストが閲覧できます。

ランキングをチェック!

「Leaderboard」ページでは、獲得ポイントのラインキングがチェックできます。

設定からTwitterやFacebookの共有設定ができます。

出張の多い方やよく旅行や遠出するという方は、行った先のお天気情報もチェックできます。 よく行く場所は一度ロケーション登録しておくと、次に行く時は事前にスピーディーに調べる事ができます! ただし、このアプリはユーザからの投稿で成り立つお天気アプリの為、より多くのユーザが参加する事でより大活躍するお天気情報アプリになります!

i Tunes Store へ

あわせてよみたい


あなたにおすすめ