アプリ Color™|「近くにいる人」と写真を共有する、写真共有の原点を覆す新ソーシャルアプリ

Color™|「近くにいる人」と写真を共有する、写真共有の原点を覆す新ソーシャルアプリ

アプリ

techjo編集部



写真共有できるアプリといえば、Instagram、Phototreats、Path、PicPlzといった代表的ものが挙げられますが、今回紹介する Color™人との繋がりというよりも場所との繋がりで共有を楽しむと言うべき新しいソーシャルアプリです。 フォローし、共有し合ってこそ写真を撮る楽しみといえるんですが、このColorはフォローして友達を作って写真を共有するという原点からはずれ、フォローもなければ友達の承認といったものもありません。公開・非公開もなくただ「近くにいる人」とだけ同じ瞬間を楽しむんです。 なので一人でやっていてもおもしろくありません。近くにいる人と共有してこそこのアプリのほんとのおもしろさがわかるんです! 一人で使った場合と、みんなで使った場合を検証してみました。

ここがポイント! ・フォローや友達承認をすることなく比較的「軽い」交友関係が築ける。 ・撮影した写真は100フィート(約30メートル)圏内にいる人に公開される。 ・「今」見ているものを近くの人が撮った違う視点で楽しめる。 ・イベントやグループ旅行などのシーン別で使うと写真を撮ってもらったり交換する必要がなくなる。
まずは軽くアカウント登録してみよう。 1.Color を始めた日時が記録され 2.名前を入力し 3.自分のプロフィール写真を撮ります。

まず一人で撮ってみる

この画面になっているとき、左上にうっすら小さく自分のアイコンが表示されます。同じ場所でColorを使っている人が5人いたら5人のアイコンが並ぶようになります。 中央のColorボタンでカメラを起動します。

フォーカスやズームで被写体を整えシャッターをきります(ビデオ撮影に切り替えも可)。 (右図)テキストボタンからコメントを書き込めます。「Post」で投稿!

何枚か撮って投稿してみました。すると下図のようにサムネイルで表示されます。撮った写真は時系列で表示され、サムネイルの写真をタップすると個々の写真情報が見れるようになります。

自分の写真も他の人の写真も「いいね!」やコメントを書き込めるようになっていて、♡ボタンからTwitter、Facebookなどの共有先を選択することができます。

近くにいる人と共有してみる

近くにいる人がColorを使うと、画面上にその人のアイコンが追加され誰と共有しているのか分かるようになっています。そしてその人が写真を撮ると自分のフィードにじゃんじゃん流れて行く仕組みになっています。 人数が多ければ多いほどたくさんの写真となって自動で追加され、人が離れていくと写真も見れなくなります。

自分が投稿した写真は画面をスワイプすると削除ができます。他の人が投稿した写真にはレポート機能(わいせつまがい、バイオレンス、嫌い)がついているのでみんなが安心して友好的な写真投稿ができるようになりますね。

ちなみにビデオ録画したものも再生できます。これはおもしろい! 録画したものをわざわざメールで送らなくても、このアプリを使えば簡単に観ることだってできるんです。

プロフィール編集で写真の変更、TwitterとFacebookのログインができます。電話番号を入力しておけばiPhoneを無くした場合、アカウントの復活ができるというオプション機能もあります(番号は他人には一切漏れる心配はありません)。

まだ世間には馴染みのないサービスですが、みんながどんどん使うようになったらいつか「近くの人」と写真で繋がる友好関係が始まるかもしれませんね!ぜひみんなで広げてみましょう。

i Tunes Store へ

あわせてよみたい


あなたにおすすめ