iPhone設定・使い方・Tips iPhoneのバッテリーを長持ちさせる裏技

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる裏技

iPhone設定・使い方・Tips

tomo



iPhoneを楽しむ為に、とっても重要なバッテリー

しかし、『iPhoneを使いすぎて充電がすぐなくなっちゃう・・・』という悩みをお持ちの方も多いのでは無いでしょうか?それをカバーする為に充電型のケースを使ってる方も多いと思います。でも、ちょっとお待ちください!!ちょっとしたiPhoneの設定を変えるだけで、バッテリーの寿命を長持ちさせる事ができるんです♪

今回は、そんなiPhoneのバッテリーに関する裏技をご紹介したいと思います。

▼Wi-Fiをオフにしましょう
これは、Wi-Fiを使わない場合に使える技です。Wi-Fiをオフにすると、消費電力を減らす事ができますよ。 設定→Wi-Fiを選択、Wi-Fiをオフに設定します。

▼電波が悪い所では、機内モードにしましょう
電波が圏外になったり、電波が少ない所ではiPhoneが頑張って電波を探そうとしバッテリーを消耗してしまいます。それを防ぐために、設定→機内モード→オフにしましょう。

▼画面の明るさを調整する
画面を暗くすることで、バッテリー寿命を延ばすことができます。 設定→明るさを選択し、スライダーを左にドラッグして明るさを適度に調整します。『明るさの自動調節』はオンにします。

▼Bluetoothをオフにしましょう
Bluetoothヘッドセット、カーキットを使わない時は、Bluetoothをオフにしましょう。 設定→一般→Bluetoothと選択します。Bluetoothをオフにします。

▼位置情報サービスの使用を控える
使用するアプリによっては、位置情報サービスを使う場合があります。これも意外と、バッテリーを消耗しやすいものです。位置情報サービスを無効にすると、バッテリーの消費を節約する事ができます。 設定方法は、設定→一般→位置情報サービス→をオフにしましょう。必要な時だけオンに設定しましょう。

▼iPhoneをロックしましょう
これは、基本的な節約術です。iPhoneを使用しない時は、スリープ/スリープ解除ボタンを押してロックします。

▼充電はなるべく純正の充電機を使用しましょう
車で充電するタイプは、非常時のみ使用しましょう。 ちなみにフル充電/放電サイクルを400回繰り返すと、完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。必要な容量まで充電できなくなった場合は、新しいバッテリーに交換してください。

▼本体の通気を良くしてあげましょう
iPhoneをキャリングケースに入れたまま充電すると、余分な熱が発生し、バッテリー容量に影響を与える恐れがあります。充電中にiPhoneが熱くなりすぎたら、まずケースから取り出しましょう。 このように、ちょっとした手間や設定の変更でバッテリーの消耗を節約する事ができます。

是非、ご活用くださいね☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ