iPhone設定・使い方・Tips お気に入りの音楽を連れて快適なスポーツライフを☆「Nike+iPod」使い方まとめ

お気に入りの音楽を連れて快適なスポーツライフを☆「Nike+iPod」使い方まとめ

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



「Nike+iPod」は、音楽を聴きながらランニングやウォーキングを楽しみたい人の為のアプリです。NikeのシューズとiPodを連動させるワイヤレスシステム「Nike+iPod Sport Kit」(別売)を使うと、走行時間や距離を確認したり、リアルタイムでフィードバックを聞くことができます。

お気に入りの音楽を連れて快適なスポーツライフを楽しみましょう☆

「Nike+iPod」は元々iPhoneのホーム画面にはありません。 「設定」でオンにするとホーム画面に表示されます(iPhone 3GSのみ)

neke

目標を決めない基本ワークアウトはもちろん、時間、距離、カロリー目標を設定することもできます。あとは、お気に入りのプレイリストを選んだり、曲をシャッフルしたり、ナイキが作ったSport Musicコンテンツを選べます。パソコン上ではワークアウト状況を追跡したり、目標を設定したり、競争に参加したりできます。時間、距離、カロリーは各種設定ができ、リストにない距離や時間などを設定する場合は「カスタム」からも数値の設定ができます。

neke

「マイワークアウト」では自分の目標などをオリジナルで登録できます +をタップし時間や距離などを入力したら追加されます。

neke

準備する

iPod nano、iPod touchまたはiPhone 3GS、Nike+シューズ、Nike + iPod Sport Kitまたはセンサーが必要です。対応シューズは左足の中敷き下にセンサーを収納するスペースがあるので、そこにセンサーを設置し、レシーバーもiPod nanoに取り付けます。iPod touch、iPhone 3GSはNike+に標準対応しているので、レシーバーは必要ありません。 仕組みとしては、シューズにセットしたセンサーが地面とシューズの接地力や時間などを感知して、その信号を無線でiPhoneに転送するというものです。

走る

ランニング中は、時間、距離、速度、消費カロリーを音声で教えてくれます。iPod nanoのみ、ランニング中はクリックホイールの中央ボタンを押すことで、その時点での走行時間や距離などを音声でガイダンス(男性と女性の声が選択可能)してくれ、また長押しすると事前に設定したパワーソングをランニング中に流せます。つらくなった時に“元気の出る曲”を流し、テンションを高め、へこたれた気持ちを奮い立たせられます!

WEBでワークアウトを管理する

iPod nano、iPod touchやiPhone 3GSをパソコンに接続するだけで、iTunes経由で「nikeplus.com」という専用ページにアクセスできます。アクセスできればランニングデータは自動的にアップロードされます。「アカウントを作成」すると、iPhoneから転送したデータを管理できます。クールダウンのあとは、データをシンクして走行距離をチェックしましょう。WEBでは、スピードの伸びをチェックしたり、目標を設定したり、仲間と競い合ったりできます。仲間と一緒に取り組むことでトレーニングの励みにもなります。パソコンで日々のトレーニングを記録すれば、目標の達成にも熱が入りますね。

neke

アカウントを作成すれば他にも「NikeRunning」で以下のことが活用できます。

  • ワークアウトデータを見る(消費カロリー、聴いた曲、その時の天気や走った場所など今までのデータ)
  • ゴールを設定して達成時にメダルやトロフィーを獲得する ・ワークアウトデータを使ってイベントに参加できる ・自分にあった正しいワークアウトをコーチングしてもらう
  • ランニングコースを地図上で検索し、レベルに合わせたルート作成 ・バーチャルな世界の自分「アバター」を登録できる 主な機能は以上です☆

iPod nano、iPod touchまたはiPhone 3GS、Nike+シューズ、Nike + iPod Sport Kitまたはセンサーを揃えれば未来的なランニングが楽しめますね

ランニングやウォーキングをしている方はぜひ使ってみて下さいね♪

あわせてよみたい


あなたにおすすめ