iPhone設定・使い方・Tips ストップウォッチやアラーム設定もできる便利なデフォルトアプリ☆「時計」の使い方まとめ

ストップウォッチやアラーム設定もできる便利なデフォルトアプリ☆「時計」の使い方まとめ

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



標準搭載アプリの「時計」には、通常の時計・世界時計・アラーム・ストップウォッチ・タイマーなど、様々な機能が備わっています。 「時計」ってこんなに使える機能がたくさんあったんですね!私は正直今まで「時計」アプリをほとんど使っていなかったので驚きました; 今日はそんな便利な「時計」アプリについて見ていこうと思います☆

ホーム画面にある「時計」のアイコンをタップして、時計を表示させます。画面下に表示してあるツールバーの「世界時計」「アラーム」「ストップウォッチ」「タイマー」について順にご紹介していきますね☆

世界時計

通常の時計はお住まいの国で設定してあります。

tokei

この画面右上の「+」をタップすると追加機能が表示され、色々な都市の時計を表示させる設定が出来ます。

tokei

画面の上の方に表示してある、検索バーに下に表示してあるキーボードから地名を入力します。写真中央の様に、文字を入力すると検索候補が現れますので、その欄を上下にスクロールして、探してる地名があれば、地名の所をタップして下さい。すると、写真右側の様に時計が追加されて表示されます。時計の削除をしたい時は、画面左上に表示してある「編集」の所をタップし「-」アイコンをタップして下さい。右側に表示されている「Ξ」アイコンをドラックし並べ替えもできます。

tokei

アラーム

画面下に表示してあるツールバー「アラーム」のアイコンをタップして下さい。複数のアラームを設定する事ができます。

tokei

初期はアラームなしと表示されます。画面右上の「+」アイコンで追加設定を行います。「+」アイコンをタップすると右側の写真の様に設定する画面になります。

tokei

「サウンド」をタッチすると好みのサウンドを選択できます。好きなサウンドをタップして「✓」を表示させて下さい。 音を鳴らさない場合「なし」の所にタップして「✓」を表示させて下さい。

tokei

「スヌーズ」の設定はON/OFF切替ます。ONにすると、アラームが一回なり、その10分後に再度アラームがなりお知らせしてくれます。OFFの時は最初の一回だけ鳴ります。また「ラベル」をタップしてタイトルを入力しておくと便利です。

tokei

画面右上の「+」をタップしてアラームの追加が出来ます。アラーム一覧に「オン/オフ」で切替られる所があります。繰り返しの設定をしていなければ、一度鳴ったアラームは「オフ」に切り替わります。アラームの設定を変更、削除するには、画面左上「編集」をタップします。変更は、右側に表示されている「>」をタップします。すると編集画面に変わります、変更が終われば「保存」をタップします。削除は、左側の赤丸「-」をタップすると「|」に変わり、右側の「削除」をタップします。

tokei

ストップウォッチ

画面下のツールバー「ストップウォッチ」をタップします。 ここでは、タイムを計ったり、ラップ計測する事ができます。

tokei

「開始」の所をタップすると、タイム計測されます。その中でラップタイムを記録するには「ラップ」の所をタップします。「停止」をタップするとタイムが一時停止されます。再度「開始」をタップするとタイムが再開されます。「リセット」をタップすると計ったタイムがリセットされます。「開始」でタイムを計測中、別のアプリケーションを使用してもタイムは持続されています。

タイマー

1分単位でタイマーがセットでき、サウンドの設定も出来ます。

tokei

まず、時間の設定をスクロールで合わせます。 「タイマー終了時」をタップして、サウンドの選択をして「✓」を表示させます。「iPodをスリープ」を選択すると、タイマー終了時にiPhoneでお聞きの音楽やビデオの再生が停止されます。「開始」をタップすると、上の写真中央の様にタイマーが開始されます。時間がくると上の写真右側の様にお知らせしてくれます。 タイマー作動中に別のアプリケーションを使うことも可能です。

標準搭載アプリ、「時計」の主な機能は以上です☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ