iPhone設定・使い方・Tips 海外でiPhoneを使用する際は必ずデータローミングの設定を☆

海外でiPhoneを使用する際は必ずデータローミングの設定を☆

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



海外でiPhoneを使用する場合、他社の回線での利用になる為、自分からかけた電話はもちろん、かかってきた電話で通話しても高額な料金が生じます。なので通話に関しては「機内モード」を設定して必要な時に解除する事をお薦めします。パケット通信料もパケ放題の割引対象外になりますので、予想外の請求になってしまいます。そこで「データローミング」の設定を行い、インターネットも「Wi-Fi」経由を利用して無線LANでデータ所得させましょう☆

飛行機に乗る際は「機内モード」の設定を忘れずにオンにしましょう。海外に到着して「機内モード」の設定をオフに切り換えると、SoftBankから「SMS」にお知らせが届きます。海外での利用方法のご案内なので見ておきましょう。 では、ローミングの設定を行っていきましょう。 ホーム画面「設定」→「一般」→「モバイルデータ通信」→「データローミング」をオフにスライドさせ設定します。

dater

次にWi-Fiの設定を、ホーム画面「設定」→「Wi-Fi」をタップしてオンにスライドさせます。

dater

Wi-Fiネットワークが利用できない範囲だと、メールの送受信やインターネットへのアクセスができません。公衆無線LANが使える所を事前に調べておくのも良いかと思います。 海外での料金プランをご案内します⇒【国際ローミング】をクリックして参考にして下さい。

海外に出発する際は時刻の設定を行っておくのも良いでしょう! 予想外の請求を受けないように、海外では必ず「データローミング」の設定がオフになってる事を確認して下さいね☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ