iPhoneアクセサリー 触れたものをスピーカー化してしまう驚異のアイテムOmniBeat(オムニビート)で遊んでみました☆

触れたものをスピーカー化してしまう驚異のアイテムOmniBeat(オムニビート)で遊んでみました☆

iPhoneアクセサリー

Chocolate



携帯電話・パソコン・テレビ・オーディオ機器などとBluetooth(ブルートゥース)接続で、触れたものをスピーカーに変えちゃうという注目の商品をご紹介します☆ その名は『OmniBeat(オムニビート)』!! ワイヤレスなので場所を選ばず、好きな場所に置くだけ!という驚異のアイテム。Bluetooth接続をして、OmniBeatを壁に接触させると、ナント。。。壁がスピーカーに早変わり!!ヾ( ̄∇ ̄=ノ しかも壁伝いで、部屋全体に響きわたり、スタジオなみの音響です! 驚くのはまだ早い・・・。 高性能マイクも内蔵されており、ナント!音声会議までもが、どこでも可能なんですって~(驚)

オムニビートちゃんをお借りできたので、女子たちが遊んでみました。 ☆詳しい情報は続きをご覧ください☆ 【商品名】  OmniBeat(オムニビート)  ※Omni=あらゆるもの、Beat=音・打ち鳴らす 【特徴】  ・触れたものから音を出すワイヤレススピーカー  ・高性能マイク内蔵でハンズフリー音声会議が可能  ・持ち運びカンタンなポケットサイズ 【製品仕様】  サイズ:直径50mm高さ78mm質量約160g(電池含む)  電源:単4電池×4本(別売)専用ACアダプター(別売)  動作時間:連続音楽再生時間(約7時間)       連続通話時間(約10時間)       連続待受時間(約68時間)  ※実際の使用条件により短くなる場合があります。予めご了承ください  通信方式/出力:Bluetooth Ver.2.1+EDR/Class2(見通し10m)  対応プロファイル:A2DP、AVRCP(音楽再生用)           HFP(ハンズフリー通話)  スピーカー部:超磁歪素子の振動によるアクティブスピーカー         再生帯域(100Hz~20kHz)  マイク部:全指向性エレクトレットコンデンサマイク       収音範囲(推奨1m 最大3m)  その他:マイクミュートボタン(ハンズフリー通話時有効)      エコー・ノイズキャンセル機能 【価格】  20,790円 【製造元】 日本電話施設 株式会社 このOmniBeatは、本体自身が音を出すのではなく、超磁歪素子によって底面にある振動板から触れたものへ振動を伝えスピーカー化するというもの。

Bluetooth機能搭載により、携帯・パソコン・オーディオプレーヤー等の様々な機器とワイヤレスで接続し、机の上・壁・窓ガラス・車のボンネットなど触れたものがスピーカーになります! 触れたものによって音質が変化するので、色々試してみるのも楽しいです☆

また、高性能マイク内蔵でハンズフリーにも対応しているので、音声会議や映像会議など双方向性の必要な場合にも使用可能。 マイクは360度で収音しますので、話し手にマイクを向けたりなどは必要ありません。適度なノイズキャンセラ機能 によって、臨場感ある自然な音質を届けます。 マイクミュートボタン付きなので、傍聴のみでの利用も可能。ただし、Bluetooth対応携帯電話との接続が必要です。 Bluetooth対応パソコンと接続し、離れた場所で音を鳴らす事もできるので、音のある映像をプレゼンに取り込む事も可能です。 コンパクトサイズで場所を取らないので、Bluetooth対応オーディオプレーヤーと接続し店舗のBGMやイベント会場での音響設備としても利用可能! もちろん、ビジネスシーンだけではなく離れて暮らす家族や友達、恋人とのコミュニケーションにも利用できますよ! 今では無料通話もあり便利ですが、積もる話をしているうちに長~い時間携帯を手に持っていると・・・だんだん疲れちゃいますよね~(涙)そんな時でも、OmniBeatと接続しちゃえば気にせずお話できて楽しい♪ ベットでゴロゴロ中、料理中、洗濯中、車でドライブ中などでも大活躍します! ところで、『Bluetooth(ブルートゥース)』機能って何?と思った方もいるかもしれない・・・のでご説明しますね! 今ではBluetooth機能の活用シーンは増えてきています。車にも搭載されていますね。 まだ知らない方、もしくは耳(目)にするけど・・・利用目的・活用方法などを知らない、という方の為にご説明します。 『Bluetooth』とは・・・? 近距離無線通信の規格名称で、機器間の距離 約10m以内であれば障害物があっても利用可能な無線通信です。 ちなみにBluetooth(ブルートゥース)は免許や使用登録が不要で、無線周波数(2.4GHz)帯を自由に使用が可能! PC等のマウス・キーボードをはじめ、携帯電話などでの文字情報や音声情報といった比較的低速度のデジタル情報の無線通信を行う用途に採り入れられています。今大人気のWiiも標準コントローラーにBluetoothが採用されています。 このようなマーク↓↓見た事はありませんか?

Bluetooth機能はお解り頂けましたでしょうか!? 実は今回ご紹介のOmniBeat(オムニビート)は、株式会社ブルーネクストジャパン様より『女性目線での意見』を聞きたいとのご連絡を頂き、体験用に商品を送って頂いちゃいました~! iPhone女史編集部は、興味深々(笑) さて、待ちに待ったOmniBeat(オムニビート)が届きました~! みんなで1つの段ボールを囲んでソワソワと(笑) 段ボールを開けると、中にはOmniBeat(1個)・iPhoneケース(3色スキン)がキレイに梱包されていました。 早速、取り出すtakakoちゃん☆あまりのコンパクトサイズに全員驚き!! 「こんなに小さいのにスピーカー??」「どこがどうなってるの~??」とみんな大騒ぎ(笑)

では、早速試してみましょう! 商品ケースに説明書が入っていたので、じっくりと1つ1つ読みながら操作開始! 1)まずは、Bluetooth機器とのペアリング操作が必要。という事で一番身近なiPhoneで試してみました。 ・OmniBeatの電源ボタンを約4秒間長押し、ペアリングモードにする。(2秒間長押しでスタンバイモードになります) 電子音が鳴り、LEDが青/緑交互に点滅します。ペアリング成功すると、青だけが点滅します。

2)iPhoneのBluetooth機能をオンに設定し、デバイス選択をします。(デバイス接続中になるとOK)

3)iPhoneのiPodを立ち上げ、選曲します! すると、『♪~♪♪~♪~』とiPhoneからではなく、OmniBeatを置いてる机から鳴ってます(驚) みんな声を揃えたかのように「すご~い!机から音楽が聞こえる~!」と大歓声☆ この感動を、音声でお伝えできないのが残念(涙) 普通に机に置いて音楽が聴けるのですが・・・机に耳を当ててみたり、壁に当ててみたりと面白い光景でしたが(笑)以外に、耳を当てると更によく聴こえるので感動しました☆

上部のボリュームボタンで、音量を上げたり下げたりも可能です!

車のボンネットでも試してみました~! 目の前の道は、時間的に交通量が多く騒音が酷かったので、音量を大にしても聴きにくかったですが(笑) レジャーシーン(もうあと2カ月くらいしたら花見シーズン☆)ではかなりの活躍に期待できます! iPhone女史の花見にも是非持参したいね~なんて、活用シーンを浮かべながら話が盛り上がり、OmniBeatを囲んで雑談してました(笑)

ハンズフリーにも対応!という事で、早速iPhone同士で試してみました☆ saoriちゃんが外へ行き、みんなは室内でOmniBeatを囲み、待ち構えてます。 saoriちゃんがcallすると、机から・・・ saori「もしもし~こちらsaoriで~す!聞こえますか~?」 みんなで一斉に「すご~い!聞こえるよ~」 saori「みんなの声がハッキリ聞こえてくるね~」 などと、楽しく会話ができました!!ただ、若干saoriちゃんの声が小さくて・・・。ボリュームは大にしたのですが(残念)

この後、OmniBeatについて語り合いました(笑) コンパクトサイズなのに、ここまで凄いとは。 少々お値段が・・・高い(涙) でも、持ち運びしやすい・活用シーンが豊富という点で考えると値段の価値は相当。等など。 人によって、物の価値の基準は異なるもの。 今回は、実際に体験させて頂いた事で、全員が欲しい~!と絶賛☆してました! ご覧頂いたみなさんの中にも、「欲しい~!」と思った方がいらっしゃると思います(笑) 購入はこちらからどうぞ~☆ 今回、商品を貸して頂いた株式会社ブルーネクストジャパン様に感謝です! この場を借りて、iPhone女史よりお礼を♪ 「ありがとうございました!」 株式会社ブルーネクストジャパン様は、他にも多数のBluetooth製品を取り扱っています!ぜひこちらにもアクセスしてみて下さいね(^_-)-☆ 欲しい製品が更に見つかるかも!ですよ~♪

あわせてよみたい


あなたにおすすめ