iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

Tap Cam - カメラと画像処理|シンプル且つ簡単操作で、どんな被写体もあなた好みに編集!

アプリ2010/01/18
多機能なカメラアプリTap Cam – カメラと画像処理をご紹介します!わかりやすく、使い方も簡単!画像処理後のプレビューもあり、スクリーン画面にサムネイルで表示が可能!元画像に戻る時は、そのサムネイル画面をタップするだけ! 色んな機能が搭載されていますので、詳しくは続きでご紹介します☆

まずは、設定について説明していきます。 起動後、下記左画像のようなスクリーン画面でカメラが起動しています。 下部の左側にある歯車のようなマークが設定ボタンです。設定ボタンをタップすると、下記右画像が表示されます。 上から順に説明していきますね。 【グリッド】 撮影時、カメラ画面上に表示される格子状の線の事。グリッド表示の有無を設定します。 【フォトシリーズ】 自動連続撮影モードの有無が設定できます。オンにすると、カメラ画面上の設定ボタンの上に表示されます。(下記左画像、「02」と表示されたボタン)そのボタンをタップするごとに連続数を変更させる事が可能です。※連続撮影は「02~05」まで変更可能。 【画像スタビライザー】 iPhoneが動いている間のリリースを避けます。ブレを防ぐ為の目安みたいなものですね。 【自動タイマー】 自動遅延で、撮影を2~20秒遅らせる事が可能です。オンにすると、カメラ画面上のスタビライザーマークの右側に表示されます。(下記左画像、「05」と表示されたボタン) 【ビッグリリース】 カメラ画面の際、下部中央に赤色でカメラマークのボタンがシャッターボタンですが、ビッグリリースをオンに設定すると、シャッターボタンだけでなく画面上をタップするとシャッターボタンとして使用が可能。

上記右画像のスクリーン上に表示されている【画像設定】の「>」をタップすると、画像サイズ・タイムスタンプ・フラッシュの設定が可能です。 (タイムスタンプとは、撮影した写真の一番下に日時を表示させます。)

撮影した元画像はiPhoneのカメラロールに自動保存されます。 画面上部に「画像を保存しています」と表示がでます。その表示が消えたら、シャッターボタンの左にあるボタンをタップすると、保存された画像が表示され、画像処理が可能になります。 画像処理には、明るさ・コントラスト・彩度・影があり、画面上にはスクロールバーで表示されます。 (画面をタップすると、スクロールバーとサムネイル画像が非表示になります)

どんな風に変わるかは下記を参照してくださいね♪ ※左画像は最小、右画像は最大で処理しています。 ◆明るさ(左画像は-100、右画像は+100で処理)

◆コントラスト(左画像は-50、右画像は+50で処理)

◆彩度(左画像は-180、右画像は+180で処理)

◆影(左画像は-100、右画像は+100で処理)

画像処理の際、元画像に戻す時は、サムネイル部分をタップすると戻ります。 画面左下のフィルムマークをタップすると、カメラロールに保存されている写真を読込、画像処理する事ができます! また右下のカメラマークでカメラモードへ戻ります。 きれいな海も更に青々とした海に変える事もできますよ~!(地元沖縄の海で~す 笑)

簡単操作で画像処理ができるので、どんな被写体もあなた好みに編集ができますよ~(^_-)-☆ ただ、このアプリの惜しいところが。。。画像処理後の画像はスクリーンショットでしか保存ができないという点(-。-ゞ)元画像は自動保存なのですが、なぜか処理画像は保存機能がないんです(涙) 色々と触ってみて探してみましたが、見つからなかった・・・。アプリレビューサイトでも探してみたけどレビューが無い。。。私だけなのでしょうか!? その点を改善してほしい!一覧で表示してくれるようになるともっと使いやすいですね(笑) 保存機能以外は良いので、今後に期待して皆さんにご紹介しました☆

i Tunes Store へ

注目の記事
ページトップへ戻る